ドライブレコーダーと新亜光学工業株式会社の技術について

この記事をシェアする

ドライブレコーダーは日常で欠かせない製品

画質の比較

ドライブレコーダーを選ぶ際に、画像解析度が高いと鮮明な証拠映像を残せます。ナンバープレートが読めるレベルなら、200万画素以上のものを選ぶのがおすすめです。記録をする容量は大きくなりますが、細かな部分まで証拠として残せると問題解決を図りやすくします。近年では、4Kという800万画素数の画質を残せるドライブレコーダーもあります。

また、運転時にトンネルを抜け出た時や明るさが異なる場所に移動をした際には、白飛びの問題が出ます。略称がWDRのワイドダイナミックレンジがあれば、複雑な画像補正をしなくても、白飛びなどが発生する可能性が下がります。

新亜光学工業株式会社は、明るさを自動調整するオートアイリスをはじめさまざまなカメラ部品の開発をした実績を持ちます。その技術を活かして、各種用途に合うものが作れます。

良いものを選ぶのがおすすめ

近年では信号機もLEDタイプのものが増えています。実は、灯火をする際に目に見えない速さでの点滅を繰り返しています。場合によっては、信号機の色が把握できない可能性が出ます。新亜光学工業株式会社なら、最新のスキルを駆使してLED信号機の対策をしたカメラの製造をしているので安心です。

また、時間帯によって映像の違いが発生します。昼間でも明るい場所で運転をしても、明るさを自動調節できないと思うような画像を残せません。夜間に夜道を走行する際も、光を取り入れることができないと撮影ができません。新亜光学工業株式会社は、カメラ部品の1つにオートアイリスがあります。光の調整を自動でしてくれる機能なので、時間帯を問わず安定した撮影と走行ができます。



PAGE
TOP