ドライブレコーダーと新亜光学工業株式会社の技術について

この記事をシェアする

撮影できる視野が広い

広角に撮影できれば安心

ドライブレコーダーを選ぶ際に、画角も見逃せません。対角や水平、垂直に撮影できるタイプであれば、広角に撮影できるため死角の対策を図れます。また、正面よりもわきに入ると暗くなる傾向にありますが、画角でその対策ができればわきの部分でも証拠として残しやすくします。

ドライブレコーダーの画角選びをする際、水平画角108度以上のものを選ぶのがおすすめです。真正面以外に斜めからの事故やトラブルでも撮影をしてくれます。なお、より広角なものを選ぶ場合なら、120度以上の製品が良いでしょう。360度撮影できるタイプなら、全方位を確認できるため心強さを得られます。

新亜光学工業株式会社であれば、広角のドライブレコーダーの部品製造ができます。抑えめの価格で販売をしており、使用を続けると費用対効果の高さが確認できるでしょう。

さまざまな場面を想定した明るさの調整

車の運転をする場合、昼間や夜間を問わず撮影する場所によって明るさの違いが出ます。昼間であっても、光を調整する機能が上手く活用できなければ、ぼやけた映像しか残せません。夜間でも光が出ている場所もありますが、明るさの調整ができないと思うような画像が残せません。

新亜光学工業株式会社なら、取り入れる光の量を自動調整する光量調整装置をはじめ複数の特許取得実績があります。そのスキルを用いて、ドライブレコーダーの技術にも活かされており、時間帯を問わず鮮明な画像を残しやすくします。他にも、時間帯や場所を問わず明確な被写体を残せる機能を果たすTDLユニットの製造をしています。この技術は、監視カメラや防犯カメラでも使用されています。

各種自動調整が可能であれば、操作の手間が省けます。機械操作が苦手な人でも、スムーズに使用できるでしょう。



PAGE
TOP