ドライブレコーダーと新亜光学工業株式会社の技術について

この記事をシェアする

他にも見逃せない機能性について

駐車監視機能について

車のトラブルは、運転時に限らず駐車時間でも起こりかねません。例えば、パーキングに駐車をしており、無人の状態にあれば車上荒らしや当て逃げによる凹みや擦り傷が発生する可能性が出ます。駐車監視機能が搭載されていると、衝撃をセンサーが確認を行い、記録を残してくれます。ドアパンチという横の車からのダメージにも反応してくれると、安心感が増します。

一方、時間帯を気にせず撮影を続けると容量が足らなくなる可能性が出ます。動体検知機能があれば必要ない時に撮影を行わないので、容量の節約が図れます。

新亜光学工業株式会社は防犯カメラをはじめ、安心安全な生活を送るための精密機械の製造をしました。その技術は、ドライブレコーダーにも活かされています。

バッテリー選びも大事

ドライブレコーダーの設置において、バッテリー選びも見逃せないポイントです。

本体内蔵タイプなら、新たに配線を接続する心配がなく、機械操作が苦手な人でも設置をしやすいです。車両のバッテリーへの影響が少なくて済むと、車の品質維持の観点でもプラスに作用するでしょう。外付けのモバイルタイプなら、車両のバッテリー消耗を気にしないで使用できます。長時間の撮影が可能になれば、安心感が増します。他には、車両のバッテリーを使用して監視機能を果たすタイプもあります。

新亜光学工業株式会社の製品の中には、ソーラーパネルがあります。長年、技術の進んでいる海外企業と提携を行い製造しています。バッテリーの製造をする場合でも、その経験を用いて進めてもらえます。



PAGE
TOP